English Text to Follow



法務省は平成27年6月26日、第5次出入国管理基本計画案を公示し、その内容について広く国民からの意見の公募を行った。法務省により難民認定制度に関する専門部会が2013年10月に設置されて以来、同部会にオブザーバーとして招かれ、議論に参加してきた国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、基本計画の確定前にその意見が考慮されることを期待し、本見解を表明するものである。なお、本見解を読まれる際には、UNHCRが2015年7月に公表した『日本と世界における難民・国内避難民・無国籍者に関する問題について』 も合わせて参照されたい。





Comments on the Draft 5th Immigration Control Basic Plan

Reference is made to the above draft which was posted on MoJ’s website on 26 June 2015 for public comments.  UNHCR, which has been invited to participate in the Sub-Committee meetings throughout 2014, wishes to share its viewpoints with the hope that those would be taken into consideration before the finalization of the draft document.  It is suggested that this paper is read in conjunction with the paper “Points of Consideration related to global and domestic refugee and statelessness issues” that UNHCR Representation in Japan issued in July 2015.

”Comments on the Draft 5th Immigration Control Basic Plan”


• 今すぐご寄付 • ・ ジュネーブ本部 ・ ・ 国連UNHCR協会 ・ ・ お問い合わせ ・