Tokyoリリース
English Text to Follow

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR) 、(特活)ジャパン・プラットフォーム(JPF) 共催シンポジウム 【シリア危機: 日本の人道的役割 − いま私たちにできること −】

2013年7月 3日 

2011年3月以来、180万人以上のシリア難民が周辺国に避難を余儀なくされています。2013年末までにシリア難民の345万人、シリア国内の680万人と約50万人のパレスチナ難民が人道支援を必要とすることが予想され、この数はシリア全人口の半分に相当します。アントニオ・グテーレス国連難民高等弁務官はこの状況を受けて、「シリア内戦は、疑いもなく地域や世界の平和と安定を脅かす危機であり、ここ数年で直面したことのない最悪の人道危機」と国際社会に警鐘を鳴らしました。

公共サービスへの大きな負担や財政難など、周辺国政府も試練に直面しています。この人道危機に際して、国連難民高等弁務事務所(UNHCR)と(特活)ジャパン・プラットフォームは、難民・避難民や受け入れコミュニティに対して人道支援を実施しています。国連は国際社会に対してシリア国内外の難民・避難民を救済するため、52億米ドル(約5,070億円)の支援を6月7日に呼びかけ、史上最高額の支援要請となりました。ジャパン・プラットフォーム加盟NGO7団体を含む多くのNGOも、現場のニーズにあわせた支援活動を行っています。日本政府はこの緊急事態に対し、人道的・財政的支援を積極的に行うことを表明しています。

本シンポジウムは以下の三点を目的として開催されます。第一に、現在進行中の人道危機をより多くの人に知っていただく機会を設けること。第二に、シリア危機の複雑な背景を理解すること。そして第三に、人道支援と解決に向けた日本と市民社会の役割に関して議論することです。

たくさんの方のご来場をお待ちしています。

シリア危機:  日本の人道的役割 − いま私たちにできること −】

日時: 2013年8月3日(土)、14:00-16:30
場所: 国連大学、ウ・タント国際会議場
主催: 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所 / (特活)ジャパン・プラットフォーム(JPF)
言語: 日本語、英語 (同時通訳あり)
後援: 外務省 
申込: 事前にオンラインでお申込ください
※本シンポジウムは終了しました。たくさんのお申し込みありがとうございます。
シンポジウムのレポートはこちら

本シンポジウムはYou Tube Liveで公開されます。



■■■ プログラム(14:00-16:30) ■■■


受付開始 13:30

開会・来賓挨拶 (14:00-14:15)

司会:椎名規之 ジャパン・プラットフォーム事務局長

開会挨拶 (14:00)
木山啓子 ジャパン・プラットフォーム代表理事

来賓挨拶 (14:05-14:15)
鈴木俊一、外務副大臣、外務省
小池百合子、衆議院議員 (シリア難民支援議員連盟会長)

第1部: 基調講演 「いまシリアで起きていること」(14:15-14:40)

  • 黒木英充、東京外国語大学教授、「シリア危機の背景」
  • ヨハン・セルス、UNHCR駐日事務所代表、 「シリア難民・避難民の現状」

第2部: パネル・ディスカッション
 「現場からの報告 / 日本の人道的役割 – いま私たちにできること」 (14:40-16:25)
  • モデレーター: 嘉治美佐子 東京大学教授 (元外務省中東アフリカ局審議官)

「現場からの報告」 (14:40-15:10)

  • イラクでの支援: 深川啓、イラク駐在スタッフ、ピースウインズ・ジャパン
  • ヨルダンでの支援: 佐々木弘志、プログラム・オフィサー、ジェン
  • レバノンでの支援: 宮脇麻奈、海外事業部 プログラム・オフィサー、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
  • トルコでの支援: 景平義文、プログラム・コーディネーター、AAR Japan (難民を助ける会)

パネル・ディスカッション 「人道支援に向けた日本の役割 – いま私たちにできること」 (15:10-16:25 質疑応答含む)

  • ムハンマド・ディーブ、駐日レバノン共和国大使館特命全権大使
  • 長岡寛介、外務省中東アフリカ局中東第一課課長
  • 折居徳正、公益社団法人 日本国際民間協力会(NICCO) 事務局長
  • 黒木英充、東京外国語大学教授
  • ヨハン・セルス、UNHCR駐日事務所代表

閉会の挨拶 (16:25-16:30)

  • ヨハン・セルス、UNHCR駐日事務所代表



 

 

*****

Japan Platform(JPF) / UNHCR Co-Organised Symposium Syria Crisis: Meeting the Humanitarian Needs and the Role of Japan

Since March 2011, over 1.8 million Syrian refugees have been displaced and hosted in neighbouring countries. By the end of 2013, it is estimated that half of the population of Syria will be in need of humanitarian assistance, including an anticipated 3.45 million Syrian refugees and 6.8 million Syrians inside the country as well as half a million of Palestinian refugees. As António Guterres, UN High Commissioner for Refugees, stated that the “Syria conflict is, without a doubt, the one with the most dangerous regional and global impact on peace and security, and the worst humanitarian consequences, we have faced in a very long time.”

The governments in the region are feeling the strain, with public services stretched to their limits. In response to this humanitarian crisis, UNHCR and Japan Platform have been implementing humanitarian assistance operations for both displaced populations and host communities. On 7 June 2013 the United Nations asked donor countries for US$ 5.2 billion to help alleviate the suffering of millions of forcibly displaced population inside and outside Syria. This is the largest humanitarian appeal in history. 7 member NGOs of Japan Platform are operating assistance projects in the field according to the local needs. Japan has generously made humanitarian and financial contributions for this humanitarian crisis.

The objectives of the symposium are three-fold: first, to raise public awareness of the ongoing humanitarian crisis; second, to understand the complex background of the current crisis in Syria; and third, to discuss the role of Japan and civil society in meeting the humanitarian needs as well as finding solutions.

We are looking forward to your participation.



Syria Crisis: Meeting the Humanitarian Needs and the Role of Japan


Date & Time: 03 August 2013 (Sat), 14:00-16:30

Venue: U Thant International Conference Hall, United Nations University

Organisers: United Nations High Commissioner for Refugees (UNHCR) Representation in Japan / Japan Platform (JPF)

Languages: English and Japanese (simultaneous translation available)

Supporters: Ministry of Foreign Affairs of Japan 

Registration: Registration has been closed. Thank you for your interest.

The symposium will also be shown through YouTube Live



Programme (14:00-16:30) 


Registration: 13:30


Opening Remarks and Guest Speeches (14:00-14:15)

MC: Mr. Noriyuki Shiina, Secretary-General, Japan Platform


Opening Remarks (14:00)

  • Ms. Keiko Kiyama, Chairperson Board of Directors, Japan Platform


Guest Speeches (14:05-14:15)

  • Mr. Shunichi Suzuki, Parliamentary Senior Vice-Minister for Foreign Affairs, Ministry of Foreign Affairs
  • Ms. Yuriko Koike, House of Representatives (President of Parliamentary League for Syrian Refugees)


Part 1: Keynote Speech “What is Happening in Syria) (14:15-14:40)

  • Background of Syria Crisis: Prof. Hidemitsu Kuroki, Tokyo University of Foreign Studies
  • Humanitarian Situation and Needs of Displaced Population in Neighbouring Countries and Syria: Mr. Johan Cels, UNHCR Representative in Japan


Part 2: Panel Discussion 

“Debriefing from the Field / Meeting the Humanitarian Needs – the Role of Japan” (14:40-16:25)

  • Moderator: Prof. Misako Kaji, University of Tokyo (Former Deputy Director-General, Middle Eastern and African Affairs Bureau, Ministry of Foreign Affairs)


“Debriefing from the Field” (14:40-15:10)


  • Iraq: Mr. Kei Fukagawa, Field Coordinator, Peace Winds Japan Iraq Mission
  • Jordan: Mr. Hiroshi Sasaki, Jordan office, Program officer, JEN
  • Lebanon: Ms. Mana Miyawaki, Program officer, Overseas program division, Save the Children Japan
  • Turkey: Mr. Yoshifumi Kagehira, Programme Coordinator, Association for Aid and Relief Japan


Panel Discussion “Meeting the Humanitarian Needs – the Role of Japan” (15:10-16:25 including Q&A Session)


  • H.E. Mr. Mohammed El Dib, Ambassador Extraordinary Plenipotentiary, Embassy of the Republic of Lebanon in Japan
  • Mr. Kansuke Nagaoka, Director, First Middle East Division, Middle Eastern and African Affairs Bureau, Ministry of Foreign Affairs of Japan
  • Mr. Norimasa Orii, Secretary-General, Nippon International Cooperation for Community Development (NICCO)
  • Prof. Hidemitsu Kuroki, Tokyo University of Foreign Studies
  • Mr. Johan Cels, UNHCR Representative in Japan


Closing Remarks (16:25-16:30)

  • Mr. Johan Cels, UNHCR Representative in Japan




 

• 今すぐご寄付 • ・ ジュネーブ本部 ・ ・ 国連UNHCR協会 ・ ・ お問い合わせ ・