Tokyoリリース
English Text to Follow

2013年UNHCR「世界難民の日」シンポジウムのご案内  −信仰が支える難民保護−

2013年5月29日 

今年も、6月20日「世界難民の日」が訪れます。この日は世界各地で、難民が日常直面している課題のみならず、その強い精神力、そして勇気にも焦点をあて、難民問題全般について知見を深めていただくために、様々な行事が予定されています。

本年UNHCRは、世界宗教者平和会議日本事務局および明治大学との共催で「信仰が支える難民保護」と題したシンポジウムを予定しております。世界中で、紛争とそれに伴う難民の流出、国内避難民の発生という人道危機の現場は地域に根ざした宗教コミュニティが最前線で人々の生命を救うべく、保護と支援を続けています。また、人間の尊厳の尊重、そして社会的弱者のエンパワーメントを説く力強い主唱者でもあります。日本でも、多くの宗教的倫理に基づき社会活動を行う団体 (faith-based organizations) が、1980年代から1990年代にかけて日本に到着したインドシナ難民の支援を率先して行ってきました。今日もなお、このような団体は日本における庇護希望者および難民の支援のみならず、世界各地で積極的な活動を続けています。

本シンポジウムは以下の三点を目的として開催されます。第一に、庇護を求め、享受する権利はいかに宗教的価値観およびその伝統に根ざしたものであるかを検討すること。第二に、信仰上の指導者や宗教コミュニティが日本でどのような難民の保護および援助を行ってきたか、その貢献を共有すること。そして第三に、日本における難民コミュニティを支援し、エンパワーするために、いかに宗教コミュニティとの連携を発展させていくことができるかを話し合うことです。

第一部「友好的コミュニティの構築と難民のエンパワーメントへの支援」では、難民と、様々な宗教の指導者の方々に、いかに宗教的価値観とその伝統は難民に友好的なコミュニティの構築を助け、難民の地域コミュニティへの社会統合を支援できるのか、ということを話していただきます。また第二部「信仰が支える難民保護:その実践」では、宗教的倫理に基づき社会活動を行う団体からの代表の方々に登壇していただき、彼らの活動がどのように難民の保護と支援、そして解決策の達成に具体的に活かされているのか、というテーマで、知識と経験を共有していただきます。第一部での議論を踏まえ、難民支援への宗教コミュニティの関わりを一層強いものにしてゆく為にどのようなことができるのか、ということを具体的に協議していただきます。


2013年UNHCR「世界難民の日」シンポジウムへのご案内
−信仰が支える難民保護−

【日 時】 2013年6月20日(木)13:30-17:00
【会 場】 国連大学 ウ・タント国際会議場 東京都渋谷区神宮前5-53-70 3階
【主 催】 国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所
【共 催】 世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会、 明治大学
【言 語】 英語・日本語(同時通訳あり)
【申 込】 本シンポジウムは終了いたしました。たくさんのご参加ありがとうございます。
      終了報告はこちら


■■■プログラム(13:30-17:00)■■■


受付(13:00-13:30)

開会挨拶 (歓迎の辞)(13:30-13:45)
• ヨハン・セルス UNHCR駐日代表
• アントニオ・グテーレス高等弁務官のビデオメッセージ
• 逢沢 一郎 UNHCR国会議員連盟会長
 
基調講演 (13:45-14:05)
• ウィリアム・F ・ベンドレイ WCRP国際委員会事務総長
 
難民の声 (14:05-14:15) 
• ジャファル・アタイ 明治大学学生
 
第一部 パネル・ディスカッションI (14:15-15:25) 
「友好的コミュニティの構築と難民のエンパワーメントへの支援」
モデレーター:中村 和恵 明治大学教授(文化論・比較文学)
パネリスト:
• 新岡 史浩 特定非営利活動法人在日本ラオス協会事務局長
• 若林 恭栄 安楽寺住職・公益社団法人シャンティ国際ボランティア会会長
• 杉野 恭一 WCRP国際委員会副事務総長
• 幸田 和生 カトリック東京教区補佐司教
• 樋口 美作 日本ムスリム協会理事・WCRP日本委員会監事、イスラ-ム

ディスカッションの内容:
- 庇護を求める権利はいかに宗教的価値観とその伝統に根ざしたものであるのか。
- いかに信仰は困難を乗り越えるための難民の力となるか。
- いかに宗教的倫理に基づいて社会活動を行う団体は地域に根ざし、国際的なネットワークという強みを生かして、難民に友好的なコミュニティの構築を助け、難民の地域コミュニティへの社会統合を支援できるのか。
- いかに宗教的倫理に基づいて社会活動を行う団体は難民・庇護希望者に対する差別と闘うと同時に、技術と能力を有しており、社会に大きく貢献することができるという認識を高めることに寄与できるのか。

質疑応答

第二部 パネルディスカッションII
 (15:40-16:50)
「信仰が支える難民保護:その実践」

モデレーター:小尾尚子 UNHCR駐日事務所副代表(法務担当)

パネリスト:
• 阿部 康次 外務省総合外交政策局人権人道課課長
• 高瀬 一使徒 ワールド・ビジョン・ジャパン支援事業部部長
• 永坂 哲 鶴見大学国際交流センター准教授・主任
• 有川 憲治 カトリック東京国際センター副所長
• クレイシ・ハールーン 宗教法人日本イスラーム文化センター事務局長 マスジド大塚

ディスカッションの内容:
- いかに宗教指導者とそのコミュニティは難民の保護と支援に貢献してきたか。
- 宗教的倫理に基づいて社会活動を行う団体は難民問題の解決(難民の日本社会への統合も含 む)に寄与できるのか。

質疑応答

閉会挨拶
(16:50-17:00)

プログラムのダウンロードはこちら



 

 

*****

2013 UNHCR World Refugee Day Symposium “Faith and Protection”

20 June marks World Refugee Day. In order to raise awareness about refugee issues worldwide and to highlight the challenges refugees face daily as well as their spirit and courage, a number of public awareness activities are organized every year.  

In 2013, UNHCR Office in Japan plans to organize a symposium “Faith and Protection”.  Around the globe, local religious communities are among the first providers of life-saving protection and assistance following conflict and displacement.  They are strong advocates for respecting human dignity and empowering vulnerable people in the margins of our societies.  In Japan, faith-based organizations extended their support to Indo-Chinese refugees who arrived in Japan in the 1980s and 1990s.  Today, they continue to remain active in supporting asylum seekers and refugees, not only in Japan but around the globe.

The objectives of the symposium are three-fold: first, to explore how the right to seek and enjoy asylum is reflected in religious values and traditions; second, to share experiences of how religious leaders and communities have helped protect and assist refugees in Japan; and third, to discuss how to enhance partnership with religious communities in order to support and empower refugee communities in Japan.

The symposium will consist of two panel discussions: under the theme of “Creating Welcoming Communities and Empowering Refugees”, refugees and religious and spiritual leaders from different creeds will discuss how religious values and traditions help create welcoming communities and promote local integration of refugees.  In session two, “Faith and Protection: Putting into Practice”, the practitioners from faith-based organizations will share experiences in contributing to the delivery of protection and provision of assistance, as well as to the achievement of durable solutions.  The panelists will then discuss how the partnership with religious communities may be further enhanced for the protection and empowerment of refugees in Japan.


2013 UNHCR World Refugee Day Symposium
“Faith and Protection”


Date: Thursday 20 June 2013, 13:30-17:00
Venue: U Thant International Conference Hall 3F, United Nations University,
            5-53-70, Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo
Organizer: UNHCR Representation in Japan
Co-organizers: World Conference of Religions for Peace (WCRP) Japan, Meiji University
Languages: English and Japanese (simultaneous translation available)
Registration: Registration has been closed. Thank you for your interest.


                                               
                                                 ■■■  Programme  ■■■
     
Welcome Remarks (13:30-13:45)
• Mr. Johan Cels, UNHCR Representative in Japan
• Video message by António Guterres, High Commissioner for Refugees
• Mr. Ichiro Aisawa, Member of House of Representatives/
President of Parliamentary League for UNHCR
 
Keynote Speech
(13:45-14:05)
• Dr. William F. Vendley, Secretary-General, WCRP International
 
Voice of a Refugee
(14:05-14:15)
• Mr. Jafar Atayee, Student, Meiji University
 
Panel Discussion I
(14:15-15:25):
“Creating Welcoming Communities and Empowering Refugees”

Moderator:  Prof. Kazue Nakamura, Professor (Cultural Studies, Comparative Literature), Meiji University

Panelists:
• Mr. Fumihiro Niioka, Secretary-General, Lao Association in Japan
• Ven. Kyoei Wakabayashi, President, Shanti Volunteer Association (SVA)
• Rev. Kyoichi Sugino, Deputy Secretary-General, WCRP International
• Bp. James Kazuo Koda, Auxiliary Bishop, Catholic Archdiocese of Tokyo
• Mr. Mimasaka Higuchi, Board member of Japan Muslim Association,
Auditor of WCRP Japan

Discussions will focus on:
- How is the right to seek and enjoy asylum reflected in religious values and traditions?
- How faith brings strength and courage to overcome difficulties?
- How can faith-based organizations take advantage of their local presence and international networks to welcome refugees and asylum seekers within their communities?
- How can faith-based organizations help combat discrimination and enhance the understanding that refugees contribute to society with skills and resources?

Q&A

 

Panel Discussion II (15:40-16:50): “Faith and Protection: Putting into Practice”

Moderator: Ms. Naoko Obi, Senior Protection Officer, UNHCR

Panelists:
• Mr. Koji Abe, Director, Human Rights and Humanitarian Affairs Division,
Foreign Policy Bureau, Ministry of Foreign Affairs
• Mr. Kazushito Takase, Director, Program/Operation, World Vision Japan
• Dr. Satoshi Nagasaka, Associate Professor, Center for International Exchange,
Tsurumi University
• Mr. Kenji Arikawa, Assistant Director, Catholic Tokyo International Center
• Mr. Haroon-Qureshi, Secretary General, Japan Islamic Trust Masjid Otsuka


Discussions will focus on:
- How religious leaders and communities have helped protect and assist refugees in Japan?
- How can faith-based organizations assist in enhancing durable solutions, including local integration of refugees in Japan?

Q&A


Concluding Remarks (16:50-17:00)

 

• 今すぐご寄付 • ・ ジュネーブ本部 ・ ・ 国連UNHCR協会 ・ ・ お問い合わせ ・