Tokyoリリース
English Text to Follow

第7回UNHCR難民映画祭 応募について/About 7th UNHCR Refugee Film Festival

2012年4月 6日 

■応募規約■

難民映画祭ではフィクション、アニメ、ドキュメンタリーなど、ジャンルを問わず難民および国内避難民、無国籍者に関するテーマを扱った映像作品、またはその当事者達によって撮られた作品を募集いたします。
本映画祭の目的は啓発であり、コンペティションは行いません。

作品の応募に際して費用はかかりません。作品の選定を行うにあたり、必要事項を記入した応募用紙とあわせてスクリーナーのDVDを2012年5月30日までに本紙下欄の宛先までお送り下さい。

オリジナル素材は35mm, Digibeta, DV cam, DVDで受け付けております。作品の音声は言語を問いませんが、英語または日本語以外の場合、必ず英語か日本語(あるいはその両方)の字幕が必要です。日本語字幕がついている場合には、その旨ご記入ください。

スクリーナーのDVDは原則として返却不可能であることをご了承ください。
選考の結果、作品が映画祭に選ばれた場合、パブリシティ用の素材(予告編、画像、プレス、ポスターやちらしのデータ等)の御提供にご協力ください。

また作品が選定された際の素材(上映素材やその他の資料)の輸送費や保険等、全ての費用は基本的に応募者の負担となります。また、素材の返却に際しては宛先が御記入済みの着払い伝票や国際便の着払いアカウントナンバー等のご指示もお願い致します。

スクリーナーをお送りいただく際には以下の内容を必ず同封し、以下宛先までお送りください。
-    記入済みの応募用紙   【ダウンロードはこちら
-    画像素材や作品情報、キャスト・スタッフリスト、監督のバイオグラフィーとフィルモグラフィー、受賞歴や招待を受けた映画祭リスト、制作ノート、露出記事などが含まれたプレスキット (可能であればデジタル・プレスキット)
また、入手可能であれば以下の内容もお願いします。
-    チラシ・ポスター
-    予告編DVD  


ご応募お待ちしております。

〒107-0062
港区南青山6-10-11、ウェスレーセンター 
UNHCR駐日事務所 難民映画祭 宛

imajo@unhcr.org
http://unhcr.refugeefilm.org/

 

 

*****

About 7th Refugee Film Festival

Rules of entry

The Refugee Film Festival is open to all film genres (feature, animated, documentary, etc.) on the issues of refugees, internal displacement and statelessness, and/or films made by former/current refugees.
The festival aims to advocate and therefore, there is no competition.

No entry fees are due for submitting films, videos or new media projects. The festival organization must have received the completed submission forms together with a screener DVD before the deadline of May 30, 2012.

Accepted original formats are 35mm, Digibeta, DV cam and DVD.
Films are submitted with English commentary and/or English dialogue, or in the original version with English and/or Japanese subtitles. Audio is accepted in any language.
Please indicate if your film has Japanese subtitles.

The submitted screener DVD will not be returned to the entrants.
After official selection for any Refugee Film Festival program, the festival has the right to use the publicity material (press books, posters, stills etc.) to promote the festival.

If the film is selected, all shipping costs and insurance to and from the festival office are the sender’s responsibility. Films must be accompanied by return instructions. Carrier account number, or authorization for charges to be paid by addressee, or a stamped, self-addressed envelope, must be included.

Please send a screener DVD together with;
-    The completed submission form    *Click here to download submission form
-    Press kit (digital press kit if possible) including photos, film and production details, cast / crew list, biography / filmography of the film makers, list of awards received and film festivals, production note, press clipping, etc.
-    Original flyers and posters (if available)
-    Trailer DVD (if available)

to the following address:

Wesley Center, 6-10-11 Minami-Aoyama, Minato-ku, Tokyo, 107-0062
UNHCR Representation in Japan, Refugee Film Festival

imajo@unhcr.org
http://unhcr.refugeefilm.org/