English Text to Follow

世界難民の日シンポジウム【日本の難民保護の30年:これまでの道のりと今後の展望】

 

2011年は、1951年の「難民の地位に関する条約」が締結されてから60年、また日本がこの条約に加盟してから30年の節目の年にあたります。6月20日の世界難民の日は、日本における難民保護制度の現状を省察し、また今後の展望について意見をかわす最良の機会となります。特定非営利活動法人なんみんフォーラム(FRJ)およびUNHCRにより共同開催されるこのシンポジウムは、政府及び地方政府関係者、学者、法律家、市民社会の代表が一堂に会し、未来を見据えたディスカッションの場となることが期待されます。

日本政府及びUNHCR代表による基調講演では、日本そして他の地域における進展が紹介され、このシンポジウムは日本の難民の新たな役割を示すものとなります。今年3月に発生した東日本大震災の被災者への難民による支援活動の記録を、映像および難民本人の報告により振り返ります。またシンポジウムでは、二つのパネルディスカッションが予定されています。一つ目のシンポジウムでは、難民認定手続きや収容問題など制度に関する事柄について法律的視点から議論がかわされます。もう一つは、関係者を招き、難民の統合及び現在行われている第三国定住プロジェクトに焦点を当てながら、日本における難民支援の枠組みについて話し合います。二つのパネルディスカッションは共に、今後の日本の難民保護に寄与する視点を提供するものです。それぞれのパネルディスカッションに続いて質疑応答が予定されており、一般の参加者の皆様からもご意見をいただく機会となります。

FRJおよびUNHCRは皆様のご参加を心よりお待ちしております。日本の難民保護に従事する関係者による、有益で興味深く、そしてまた率直な意見交換にご参画いただければ幸いです。

またこの場をお借りして、世界的に有名なランドマーク・東京タワーの点灯記念式典へ皆様をご招待させて頂きたく存じます。6月20日の午後7時から10時の間、私たちと世界の難民そして東日本大震災にて被災された方々との連帯を示すために東京タワーが青くライトアップされます。式典及びライトアップに関する詳細はこちら

参加のご登録は下記の詳細をご覧下さい。

【日時】 6月20日(月)13:00-16:15
【場所】 国連大学 エリザベスローズホール 【地図
     (東京都渋谷区神宮前5-53-70)
【申込方法】 なんみんフォーラム のホームページよりお申込ください
【主催】 特定非営利活動法人なんみんフォーラム(FRJ)
【共催】 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)

【プログラム】
13:00- 開会
13:20- 基調講演 政府関係者 / ヨハン・セルス (UNHCR駐日代表)
13:50- 東日本大震災への難民によるボランティア活動報告
14:15- パネルディスカッション1
「難民認定手続きと2004年に改正されたICRRA(入管法)の実施」

ダニエル・アルカル (UNHCR駐日事務所主席法務官) 《司会》 
北村晃彦 (法務省入国管理局難民認定室長)
本間 浩 (法政大学名誉教授・難民研究フォーラム座長)
鈴木雅子 (全国難民弁護団連絡会議)
アントニー・ナンヤムバ (難民調整委員会RCCJ)

15:15- パネルディスカッション2
「第三国定住者・条約難民・人道配慮を得た者への支援の枠組み、
関係者および関係団体の協力、社会の役割」

石井宏明 (難民支援協会JAR事務局長) 《司会》 
松浦純也 (外務省総合外交政策局人権人道課長)
高橋敬子 (サポート21理事・事務局長)
宮端啓介 (しんじゅく多文化共生プラザ所長)
難民 (予定)

16:10- 閉会の挨拶 ダニエル・アルカル(UNHCR駐日事務所主席法務官)

※シンポジウムに関する詳細はこちら
※世界難民の日イベント【東京タワー 点灯セレモニー】については こちら

 

 

*****

World Refugee Day 2011 Symposium : 30 years of Asylum in Japan: Reflections and Perspectives

2011 marks the 60th Anniversary of the 1951 Convention relating to the Status of Refugees (hereinafter, the Convention), as well as the 30th Anniversary of Japan’s accession to the Convention. World Refugee Day 20 June 2011 provides a good opportunity for stakeholders to reflect on these occasions, assess the current state of the asylum system in Japan and discuss the future of asylum in Japan. By co-organizing this symposium, the Forum for Refugees Japan (FRJ) and UNHCR aim to bring together national and local government officials and representatives from the academic, legal and civil societies. It will serve as a podium for forward looking discussions.

    Keynote speeches by a Japanese government official and the Representative of UNHCR will consider the developments in Japan and elsewhere. The symposium will demonstrate a new role for refugees in Japan. A short video and a refugee’s personal account will chronicle the recent support that refugees have shown the victims of the March 2011 Tohoku natural disasters. The symposium will also have two discussion panels. The first panel will address the system from the legal angle, especially status determination procedures, detention and other protection related matters. The second panel will host stakeholders that look at the framework of assistance in Japan with a focus on local integration and the ongoing resettlement project. Both panels are expected to offer perspectives as to the future of asylum in Japan. The audience will have an opportunity to weigh in on the discussion through the Q & A session that will follow each panel discussion.

    FRJ and UNHCR invite you to attend this symposium and participate in what promises to be an informative, open and interesting dialogue among several stakeholders of the asylum process in Japan.

    UNHCR also takes the opportunity to invite you to attend the commemorative ceremony of lighting the world renowned landmark, Tokyo Tower. On 20 June, the Tokyo Tower will light up in blue for 3 hours between 7:00 - 10:00 pm to show solidarity with refugees around the world and the people affected by the crisis in Japan. More details about the ceremony and the lighting of the Tokyo Tower will soon appear on UNHCR’s public website in Japan: http://www.unhcr.or.jp/html/index.html

    For details on registration, please see below.

*******************************
Date: 20 June 2011
Time: 13:00-16:15 (Registration opens at 12:30)
Place: Elizabeth Rose Hall, United Nations Universitymap
5–53–70 Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo 150-8925
Registration: Please access FRJ homepage for online registration.

*Visit FRJ homepage for further information
Organiser: Forum for Refugees Japan (FRJ)
Co-organiser: Office of the United Nations High Commissioner for Refugees (UNHCR)

AGENDA
13:00-13:20 Opening
       Opening remarks: Kuniko Omori, FRJ, Chair
        Video messages: (António Guterres, UNHCR High Commissioner (TBC); Government Official (TBC)

13:20-13:50 Keynote speeches
        MP Takahiro Kuroiwa, Ministry of Justice (MOJ), Parliamentary Secretary
        Johan Cels, UNHCR, Representative for Japan

13:50-14:05 Presentation and video on refugee volunteer work with victims of the Tohoku natural disasters

Panel Discussions:A Comprehensive and Forward-Looking Examination of the Asylum Process in Japan

Panel 1 14:15-15:10
Theme: Law and Procedures
Sub-topic: RSD procedures and implementation of the amended ICRRA (2004)
Moderator: Daniel Alkhal, UNHCR, Senior Protection Officer
Panelists:
        Akihiko Kitamura, Ministry of Justice, Immigration Bureau, Refugee Recognition Section, Director
        Hiroshi Homma, Hosei University, Professor Emeritus; Refugee Studies Forum, Chairperson
        Masako Suzuki, Japan Lawyers Network for Refugees, Attorney at Law
        Anthony Nanyumba, Refugee Coordination Committee Japan, Coordinator

Question and answer session

Panel 2 15:15-16:10
Theme: Assistance and Integration
Sub-topic: Assistance framework for resettled and Convention refugees and humanitarian status holders, collaboration among the stakeholders and society’s role
Moderator: Hiroaki Ishii, JAR, Executive Director
Panelists:
        Junya Matsuura, Ministry of Foreign Affairs, Foreign Policy Bureau, Human Rights and Humanitarian Affairs Division, Director
        Kyoko Takahashi, Support 21, Secretary General
        Local Government Official (TBC)
        Refugee (TBC)

Question and answer session
Closing remarks: Daniel Alkhal, UNHCR, Senior Protection Officer



 

• 今すぐご寄付 • ・ ジュネーブ本部 ・ ・ 国連UNHCR協会 ・ ・ お問い合わせ ・