世界難民の日イベント 【6/20(月) 東京タワー 点灯セレモニー】

 

※本日の東京タワーでの点灯式は、予定通り開催いたします。 


6月20日は、国連が制定した「世界難民の日(World Refugee Day)」です。毎年世界各地でこの日を記念してイベントが行われます。ここ東京では、初めて「世界難民の日」に東京タワーが青色にライトアップされることになりました。青はUNHCRを代表する色であるとともに、「平和」や「希望」を表現します。
 
2011年はUNHCRが活動を始めて60周年、難民条約が採択されて60周年、無国籍の減少に関する条約が採択されて50周年、日本が難民条約に加入して30周年という節目の年であります。同時にUNHCRの前身となる、国際連盟の難民機関の初代難民高等弁務官であり、ノルウェーの冒険家、フリチョフ・ナンセン生誕150周年にあたります。
 
このように2011年は国際社会の難民保護の取り組みを象徴する様々な記念の年となりますが、同時に本年は後世にわたり、とりわけ日本に暮らす私たちにとって難民や国内避難民をめぐる課題に向かい合う上で、大きな転機の年となるでしょう。3月11日に東北地方を中心に発生した東日本大震災は、大勢の人の命を一瞬にして奪い、ふるさとの町並みや風景を無残にも消し去りました。
 
このような中で、「世界難民の日」を迎えようとしています。被災された人が言葉にならない悲しみを抱き続け、それでも困難に耐え続ける日々を暮らしていることを目の当たりにして、日本全国、世界からも多くの人が思いを寄せています。世界の多くの難民も、今日本で困難に立ち向かう人に暖かい励ましの声援を送っています。これまで長きにわたり、多くの難民の生命を救い、新たな生活を送る難民に、勇気と希望を届けてくれた日本と日本人に、「ありがとうJAPAN」1日も早く復興の日が訪れるよう、祈りを捧げています。
 
私たちは、このような時だからこそ「世界難民の日」に集い、難民そして彼らと共に生きる人の決意と連帯のメッセージを伝えたいと思います。


【日時 】2011年6月20日(月) 18:00-19:50
【場所】 東京タワー 1階入口特設ステージ(ステージカー)  《地図
           雨天決行/荒天中止(開催については当日こちらのページでお知らせいたします)
【参加】 事前申込不要
【主催】 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)
【後援】外務省 【協力】 東京タワー 
【登壇者予定(登壇順)】
司会: クリス・ペプラー(TV・ラジオ、パーソナリティー)
-ヨハン・セルスUNHCR駐日代表
-大脇広樹 外務省国際協力局審議官
-ヴァレリー・エイモス 人道問題担当国連事務次長
-赤野間征盛 国連UNHCR協会理事長
-森進一 (国連難民親善アーティスト、歌手)
-川井郁子 (国連難民親善アーティスト、ヴァイオリニスト・作曲家)
-金井昭雄 富士メガネ代表取締役会長(社長兼任)
-逢沢一郎 衆議院議員(UNHCR国会議員連盟事務局長)
-その他、カチン民族伝統舞踊や難民の代表者によるスピーチも予定しています。

※当日の点灯式の様子はstartline.tv(ustream)でライブ配信されます。
当日のネットワークの状況により、配信が中断することがございます。予めご了承ください。

《世界難民の日シンポジウム 「日本の難民保護の30年」に関しては こちら